April 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« リトロマ#6(速報編) | Main | リトロマ#8(一周目) »

2005.07.31

リトロマ#7(途中編)

とりあえず2年目終盤まできましたので、いろいろ感想など。
途中なんでシステム面についての感想がメインです。

第一印象としては体験版と同じように好印象。
魔法、クエスト、イベントは予想を超えるボリュームで驚きです。
また、心配だった育成部分もやり込み度は高そうで、結構楽しめそうです。

以下は、とりあえず思いついたことを並べておきます(^^;

(クエスト)

    クエストはかなりのボリューム。
    2年目中盤から一気に増え続け、魔法の習得をかなり良い効率で行っているにもかかわらず取り逃しが出てきています。
    あまりにも多くのクエストが同時に出て、それぞれの魔法の習得やレッスンの日程を考えると、ガントチャート書きてぇとか思いますよwww

    すべてのクエストを取り逃さずこなすのはよっぽど計算しなければ不可能な感じがするので、このようなクエストの取捨選択によってシナリオが分岐するのかも知れません。


(魔法)

    魔法は魔導書を得ることによってかなり増えます。
    最初に見えている魔法はアリアとカヤで共通の魔法が多いですが、次からはアリアとカヤで全然別の魔法を習得していく形になり、二人の個性に合った魔法を覚えていくのが面白いです。
    上級の魔法は習得のためのスピリットが多く、効果が大きい反面、ダイスの目が厳しめになっていてレッスン時の魔法の組み合わせや教室を考えるのが楽しいです。


(イベント)

    イベントはシナリオを構成する重要なものから、どうでも良いような日常イベントまで幅広く、割と頻繁に発生するのでイベントがないとちょっと物足りなくなってしまうのが怖いところ。育成とクエストだけだと日程に追いかけられているだけのような感じになってしまうので、頻繁に起こるイベントは結構いい気晴らしになります。
    ただ、イベントの横の繋がりが考慮されていないので、発生タイミングによっては違和感のあることがあるのが残念。


(アレアジャクタ)

    本作の育成システムの骨で、レッスンでダイスを転がしてスピリットを得るシステムです。(この辺参照)

     ダイスの出目の組み合わせで発動する魔法の効果が多様で、一時的に効果を発揮するものや、継続的に効果を発揮するものなどがあり、上手く組み合わせると効果絶大。アリアとカヤの魔法の組み合わせや6日間の魔法の組み合わせを考えるのがとても楽しいです。また、教師や教室によってダイスの目が違うので、使用する魔法の組み合わせとダイスの組み合わせを考えるのも楽しい。
     ダイスキックというシステムによって、がんばれば任意の出目を出すことが出来るのが熱い。
    ただ、任意の出目を出せるため、各目を1つずつ持つドミノのダイスが万能過ぎて教師を変更出来る意味がないのが残念。
    一度も教師に選んであげていないキャラが不満を言いに来るイベントがあるので、その辺がちょっと気になります。


(その他)

    FFDを名乗るだけあって吹き出し台詞の出かたや動き、各種効果、効果音が小気味よくて良いです。
    ただ、ぇちシーンなどで使われる画面下を使った台詞はイマイチ。読みづらいし、違和感が大きいです。

    あとは、魔法やシナリオが増えてくると情報の検索性が悪いところが気になります。
    各魔法のダイスの目と効果を見るには、1つずつしか確認できないし、クエストも1つずつしか確認できない。また、その確認のため魔法やクエストを選択するには画面上のアイコンを選択するのですが、個々の魔法やクエストを識別するアイコンではないのでどれがどれだか分からない。
    不便で仕方ないのでExcelでデータをまとめながらゲームを進めていますが、こういう進め方はゲームの進行が中断するのであまり好きではないです。


(おまけ)

    ウィンドウモードの場合、ウィンドウを非アクティブにすればゲームが一時停止します。
    アレアジャクタの時にも有効ですので、ダイスキックが苦手な方は試してみても良いかも。

« リトロマ#6(速報編) | Main | リトロマ#8(一周目) »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.