April 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« February 2004 | Main | April 2004 »

7 posts from March 2004

2004.03.20

決まらぬイヤホン#2

前回の記事を書いた後にWebで情報収集をしていたところ、「KOSS The Plug に SONY MDR-EX70/51/71 のイヤーピースを移植する」なるWebページを発見。あまりにも現状に即した内容であったために、見つけたときは思わず笑ってしまった(^^;
 内容についてはタイトルどおりなのですが、KOSS The plugの弱点である、「装着感が悪い」、「低音が強すぎる」を「装着感はよいが…」なSONYのEX70/51/71 のイヤーピースを移植することにより、良いとこ取りでウハウハにしてしまおうってコトです。

 早速改造のためにキボシ単子用カバーを探しますが、ハンズでは見つからず(^^;。外径φ6、内径φ4のシリコンチューブで代用します。あっけないほど安価に、そして簡単に改造終了、そのままテストを開始。
…(This Illusion試聴中)…
…(EMBRYO Piano Works試聴中)…
(・∀・)イイ!!
装着感は圧倒的に改善…というか、EX51そのままなので完全に無問題。音質は相変わらず低音傾向だけど許容範囲。遮音性は若干落ちるものの、これまでの遮音性が高すぎてやばいぐらいだったので、実使用上はこの程度の方が望ましい。
というわけで、通勤用のイヤホンは完全に「The plug改」で決定です。

さて、情報収集中にもう一つ興味深い情報が…
それは、SHURE E2Cです。
こちらもカナル型のイヤホンで、評判も良好の模様…
ものすごーく興味あるんですが、今年入ってから歯の治療代が…
_| ̄|○

昨日の買い物

・TECH GIAN 5月号
 えー、この手の雑誌を買うのは何年ぶりでしょうか?
今回はおまけDVD(!)に島田フミカネ氏の壁紙やら何やらが収録されているというのが目的だったわけですが(^^;
独逸な少女に存分に(;´Д`)ハァハァいたしましたです、ハイw
時代はろーれぐ白ぱんつなのです、ハイw

…さて、落ち着いたところでw
 今月号のTECH GIANにはLitteWitchの新作「Quartett!」の小冊子と体験版が付属してきました。LitteWitchといえば前作「白詰草話」での、FFD(Floating Frame Director)というマンガのような吹き出しや小コマによってリアルタイムに場面を構成するというシステムです。シーンの展開が常に動的に行われるため、台詞やカットを追いながらゲームを進めるのが非常に楽しく、今作にも非常に期待をしているわけです。
 早速体験版をインストール、序盤はまぁ普通に導入部ですがやたらと凝っていて、中盤からはもうテンション高いですw。
白詰草話ではシリアスな展開にのめり込むのに効果的であったFFDが、今回は効果的にギャグを演出していますw
体験版は短かったのですが、個人的には大満足。「これならOK」ということで、Amazonで速攻予約完了~
#「Quartett!」の体験版はメーカーHPでもDL可能ですので、是非お試しを^^

2004.03.13

決まらぬイヤホン

先日MuVo2を購入したものの、イヤホンが決まらない(^^;
ポータブル用途では装着感、遮音性、携帯性、音質などが求められるものの、手持ちのイヤホンでは一長一短があり決め手に欠けています。
とりあえず、手持ちの品のレビューを備忘録程度に書いておきます。
どなたか良いイヤホン合ったら教えてください(^^;

・SENNHEISER MX500
 こいつは小さくて安っぽい感じなのですが良く鳴ります。音域も広く、高音をそつなくこなすと思えば低音もしっかり出るのが魅力。どんなソースに対しても使える安心感があります。
 装着感は一般的なイヤホンなので、長時間使用には問題ありません。しかし、ぴったりフィットするわけではないので音漏れの心配や動いたときに脱落する危険性があります。また、リモコンに付けるとなると長いケーブル(1.2m)とL字型ジャックがネックです。ケーブルの途中にあるボリュームはリモコンのないオーディオプレイヤーでは重宝しそう。

長所
・バランスの良い音質

短所
・長いケーブル、L字型ジャックで使い勝手が悪い
・音漏れが気になる

・KOSS The plug
 カナル型(耳栓型)と呼ばれるタイプのインナーイヤー型ヘッドホン。特にThe plugはゴムスポンジを潰して耳にねじ込むという装着方式をとるために、遮音性が非常に高いものの装着感が悪いです。そのため圧迫感が強く、長時間使用が困難な場合が多いです。
 音質は低音過多、しかし中域までしっかり音が出ているので、聴感上の音質は悪くないです。

長所
・遮音性が高い
・音質は良い

短所
・装着感が極悪。長時間使用が不可能。

・audio-technica ATH-EM7
 割と見た目重視の耳掛け式イヤホン。耳掛けのギミックは凝っていますが、耳の形が合わないと辛いと思います。また、構造上音漏れしやすいので気を付けなければいけません。
 音質は高音重視、とにかく気持ちよく伸びて解像度も高い。その反面低音は抑えめ。この方向性は、私の嗜好に合っています。
#とはいえ若干EQが必要な感じです
今回、音質評価のために使ったソースの一つにFateのOP曲"This Illusion"が合ったのですが、The plugで聞いた場合とは別のジャンルの曲に聞こえます(^^;

・長所
音質とかデザインが好みに合っている

・短所
遮音性が低く、音漏れが避けられない

・SONY MDR-EX51
 こいつもカナル型イヤホン。シリコンゴムのイヤーパッドで装着感は良く、音漏れの心配も小さいのでポータブルにはもってこいですが…とにかく音質が悪い。低音寄りで中域がスカスカ、解像度もイマイチでバランスが悪すぎて全体的にイメージが悪くなっています。

長所
・良好な装着感
・音漏れの心配がほとんど無い。

短所
・音がダメ

2004.03.08

昨日の買い物

相変わらず、日をまたいでから日記を書く習慣が治らず(^^;

今日は収納強化のための突っ張り棚と、カラーボックスの縦続接続のための金具探しです。
すでに川崎のハンズではサイズの合う突っ張り棚が無いことが分かっているため、横浜へ。

横浜に到着後ヨドバシに寄るとC++Builder6 Professionalが売っている…
ただ、値札がキャンペーン前の価格なので店員に尋ねると、「ああ、キャンペーン版ですね」と商品を持ってきてくれました…ここはレジだし…ええい買ってしまえ(爆

次にハンズを捜索。
まず、カラーボックスのジョイント用にいくつかめぼしい金具を見繕っては、次のフロアにある家具コーナーで実物合わせw
なかなかぴったりの金具が見つからないために、十字型の金具と金具に付属のネジ(2.7×13)では強度が心許ないので2.7×20の木ネジを購入。
突っ張り棚も川崎ハンズより品揃えが良く、ついでに当て木も見繕ってさくっと購入完了。

帰りには最近の定番コースである横浜駅ビル内の勝烈庵で早めの夕食。
このお店、メインメニューの勝烈定食の味もさることながら(本当に凄く美味しいんですけど)、店の雰囲気がとても良いです。学生街の食堂(ぉ って感じで、おばちゃんたちが良い味を出していますw
美味しいとんかつでご飯をお代わりして、お腹いっぱいになったところで帰ります。

今日の買い物
・Borland C++Builder6 Professonal 導入支援キャンペーン版 \45339(ポイント10%)
・十字金具75 \240 ×4
・木ねじ 2.7×20 一袋 \120
・突っ張り棚 \2100
・木材(円柱φ5cm×5mm) \70 x4

今日のご飯
・勝烈定食 \1370

2004.03.07

昨日の買い物

我がダメ生活の兵站である川崎ヨドバシが3月3日に移転し、店舗が大幅拡張されました。
今までは京急川崎駅前にあったのですが、今度は反対のJR川崎駅側です。
これまで、東京に出たときや横浜に行ったときはわざわざ京急に乗り換え、暴走特急を堪能してヨドバシに寄ってJR南武線で帰るという生活パターンがあっただけに今回の移転は残念だったのですが…


気を取り直して早速新店舗へ
1Fは携帯や時計、化粧品など、B1Fは白物家電、AV家電、CD/DVDソフトと言ったところか。
2Fが銀塩/デジタルカメラ、3FがPC関連、4Fがゲーム、おもちゃ、自転車などなど。
旧店舗に比べてこれまで取り扱っていなかったものが大幅に増えた印象が強い反面、これまで販売していたジャンルについてはそれほど変わった印象はありません。
むしろ、品数が増えたことによって店内の見通しが悪くなり、かなり不便な印象を受けました。PC関連は狭い変形スペースに押し込まれて最悪だったし、CD/DVDソフトの品揃えも改善した感じはなかったです。
唯一評価できたのはヘッドフォンの試聴コーナーの充実ぶりで、この辺だけは嬉しいところです。


さて、今回の目的はインナーイヤー型ヘッドホンの購入とBorland C++Builder6 Pro版(amazon)の価格調査。
MuVo2と同時購入の耳掛け式イヤホンは装着感、音質は悪くないものの若干音漏れが気になるので、通勤時に気兼ねなく使えるように遮音性の高いカナル型(耳栓型)に目を付けたわけです。
#実は、カナル型ではKOSSのThe plugを所有しているんですが、元来洋モノのためイヤホン部がでかくて長時間耳に入れると痛くなります…。さらに、遮音性が高く、低音重視な音質のため音は良く聞こえるのですが非常に疲れます(--;

C++Builderのほうは6月まで優待価格で\68000→\48000であることと、ポイントが付けばさらにお得であるので、まずは調査と言うことで…
#そもそもプログラミング歴は10年超えるのに、Windowsアプリ書いたことないんですよ(苦笑


というわけで、まずはイヤホン。さくっとSONY MDR-EX51SP購入。
C++Builderのほうは、すでに在庫がないのか照会できず…

何かイマイチ感のぬぐえない川崎ヨドバシ新店舗でした(^^;



2004.03.13 単語の修正

2004.03.04

日記といふもの

寝る前にHDD整理をしていたら、Webに公開していた過去の日記が出てきました。
1998年4月からですから、まぁ古いモノです(^^;
とはいっても、このころから日記は記ではなく更新周期が微妙でしたがw

寝る時間がずるずると後ろにずれてしまうことが分かりながらも、読み始めてしまいます。
読み始めると意外な発見。
今は、割とつまんない長ったらしい文章を書いていますが、当時は平均2行で日記が終わっていますw

(1行目):なにかがあった
(2行目):一言感想

こんな感じw
とはいえ、現在よりも更新頻度は高く、主要なイベントは押さえているため、日記としての役割は十分果たしていることが分かりました。これからはもっとぞんざいでも手早く日記を書くことにしようw

新たな決意もそこそこに日記を読み進みと…さらなる事実に…
日記の内容、休日、平日関係なく、ほとんど(アレゲな)ゲームの感想かイベント報告じゃん…
ダメっぷり炸裂な黒歴史を目の当たりにし、凹んだところで東の空が白み始める_| ̄|○

2004.03.01

最近の物欲

ここのところ、親知らずを抜くことでナーバスになっていたことと、社内ディベート大会への参加命令が開催3日前に言い渡され、怒濤の資料集めを行ってました。
どちらも無事乗り切ったのですが、心のバランスを取るために"物欲"が発動しました。

買ったもの
CREATIVE NOMAD MuVo2(4GB)
 4GBのマイクロドライブを搭載したMP3/WMAプレーヤ。
価格、容量、再生時間と本体サイズのバランスから行くとかなり魅力的です。
対抗製品としてはiPod miniがあるのですが、こいつの発売はまだ先ですのでそのときはそのときで考えましょうw

↑用リモコン
 FMチューナー付きの液晶リモコンです。
ちゃんと日本語対応しているのが嬉しいですけど、FMチューナー要らないからもっと小さくならなかったのかなぁ…

・audio-technica ATH-EM7 GM
 MuVo2はSofmapで買ったのですが、Sofmapではイヤホンとセットで買うと3千円引きというキャンペーンをやってたため、何か騙されているような気がしつつもイヤホンを物色。
現状MX500があって別段不満もないので、「耳掛け式ってどんなもんかな?」という興味のみで購入。

・AMD Duron1.6GHz(Applebread)
 我が家にある余剰パーツ構成を確認したところ、CPUが動作電圧1.45VのAthlon4であるのに、マザーは1.6Vたたき込むということが発覚。
パーツの動作確認やテスト用に余剰パーツの構成を使う事が多いので、不安要素無くすために購入。

The Art of Computer Programming vol.1(日本語版)
eXtreme Programmingの書籍を求めてAmazonを彷徨っていたら、気づいたらこの本を買っていましたw
どうもコンピュータの本を探すときに教科書的な本を好む傾向があるようで、こういう本には弱いのです。

Fate/stay night ORIGINAL SOUNDTRACK
秋葉で恐ろしく品切れで途方に暮れて実家ほうに住んでる友人に頼んで探してもらいました(^^;
特に緊張感、不安感を煽る曲が素晴らしく、ゲーム中はBGMでドキドキさせられたり、はっとさせられる場面が多かったです。

EVER AFTER
月姫のサントラです。
月姫はBGMが無いシーンってのが割とあって、これが効果的で印象に残っています。

予約したもの
週刊わたしのおにいちゃん[特別増刊号]
夏に我が家に訪れるはずの自称モデラーの方々へのお楽しみとしてw


レビューする気力があれば、詳細はちょこちょこ日記に書かれると思います(^^;

« February 2004 | Main | April 2004 »