April 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Main | February 2004 »

8 posts from January 2004

2004.01.28

今日の買い物

ドルツ

ネーミングからはなんのこっちゃですが、電動歯ブラシです。
虫歯になってからあわてて電動歯ブラシを買うという極めてお約束な、かつ私らしい買い物であります(w
こいつの特徴は、ブラシが1次元の往復運動の動きだけではなく2次元の複雑な∞状の運動により、歯の形や溝に合った動きをしてくれるところです。

家に帰り、早速使ってみます。
初めてなのでソフトモードで…電源の投入は、ブラシを口に含んでから行うのですが、電源投入時はデフォルトで通常モード(非ソフトモード)です…ダメじゃん…
恐る恐る電源を入れてソフトモードに、うーんいただけないUIだなあ
まぁ、そんなこんなで使い始めるもマニュアルによるとブラシを軽く歯に当てて…ということですが、当たってるかどうか分からない(^^;
しかも、慣れないため取り回しが難しく、何を磨いているかちっとも分からなくなったところで2分間経過のサインが…今日は終了。
続けていつものように歯ブラシでふつーに歯を磨きましたw

…まぁ、世の中そんなに甘くはないと言うことです(苦笑

2004.01.25

Ski Jumping Pairs

友人より面白いDVDがあるよということで、Ski Jumping Pairsを見ました。
これが素晴らしい。

まず、このDVDは2006年オリンピック、スキージャンプ ラージヒル ペア競技の大会オフィシャルビデオです。
2006年の時点で十分怪しいのですが…スキージャンプ ラージヒル ペアです。ジャンプでペア?という疑問を一発で解決してくれるWebページ

えー…先ほどのリンクを見ていただければ分かると思いますが…架空の超絶バカ競技ですw
2本の板に2人のタンデム状態で乗り込みジャンプ、空中での(アブノーマルな)飛型を競います(ぉ
大会ビデオなのでちゃんとアナウンサーの冷静な実況中継と解説者の適切な解説が入りますし、大まじめに大会は進行されます。
予想を遙かに上回る技の数々と、ドラマチックな展開に感動のあまり腹を抱えて笑いっぱなしでしたw

今年の初笑いがまだという方には是非オススメしておきます。
ただし、公式ガイドブック付きは再リリースのため遅れて発売となるので注意しましょう。

(追記:2004.01.26 00:13:26)
Levi'sのサイトで新作1作品とDVDにも収録された2作品が見れます。
INSPIRED:RiiCHiRO MASHiMAと表示されている画像をクリックしてください。

週末の戦利品

土曜といえば秋葉ということで(?)、あるふれっどさん、Blackspellさん、じーるさんと秋葉巡り。

今週は、決算前なのか閉店セールを行う店舗がいくつかあるため掃討しつつ、PCパーツとエロゲ方面のルートを散策。
私は日立のSATA250GB HDDの価格調査がメインでしたが、相変わらず高いですな…。一身上の都合によりw、メインマシンには日立(IBM)のHDDしか使わないと誓っているため、7Kシリーズも早めに導入したいところです。

あるふれっどさんとじーるさんはいろいろ買い込んでいた様子で、荷物を抱えながら満足そうに秋葉原駅に消えてきましたw
その後、Blackspellさんとドネルを求め、昭和通り口の方に向かってガードをくぐりましたが…トルコ人いねぇし_| ̄|○
最近秋葉でドネル(というか露天)を見なくなってしまったのですが、国家権力に放逐されてしまったのでしょうか?


さて、気を取り直して今週の戦利品でございます。
マリ・アン・ゼロ
豪華な作家陣による挿絵が魅力の、マリみてカードゲームです。
ゲームは未プレイなのですが、友人の情報によるとUNOをパワーアップさせたようなゲームで面白い、とのこと。
最近(でもないか)流行の対戦型カードゲームは、相手もそのゲームを持っていて、なおかつルールを知らなければなりませんでしたが、マリ・アン・ゼロは誰かが一人カード持っていれば遊べるというのがポイントが高いです。

・とらのあなポイント交換テレカ(篤見唯子さん)
とてもかわうい絵柄です(*^^*)
何かあったときのための保険として加入した、とらのあなポイントカードが初めて光り輝いて見えました。w

・献上加賀棒茶
あるふれっどさんの日記に書かれていたお茶です。
秋葉で合流したときに飲ませていただきました。
ポットから注いでもらうと、良い香りが(^^)
口に含むと、まず甘みを感じて爽やかに喉を流れていくといった感じで、大変美味しゅうございました(*^^*)
私は渋めのお茶が好きなんだけど、こういうお茶も良いなぁと思った週末の秋葉原w

2004.01.24

今期のアニメ

毎週のエアチェックはなかなか日記にできないので、こういうときだけ勢いよく書きます。

まず、先期のアニメの総括、
DVD購入決定まで行ったのが瓶詰妖精
DVDは買わないけど全話見終わったのが…なさげ(汗)
継続中なのは、R.O.D -THE TV-、魁!!クロマティ高校、ガンスリンガーガール。
時間があったら見るという言い訳で保留してあるのが、BPS、プラネテス、ヤミ帽です。

先期は兎にも角にも瓶詰妖精です、友人には「あのアニメは頭が弱くなるから」とまで言わしめたどうしようもなさが快感ですw。また、篤見唯子さんの毎回変わるED絵もお気に入り。


さて、今期はいかがなモノでしょうか?
大体3話ぐらいまで放送してしまっているので、その辺までの感想も含めて。

マリア様がみてる
原作ファンですから外せません。
作画や声のイメージは良いのですが、小説と比較して心情描写や設定の説明に省略部分が多く感じられます。
興味のある方は、早めに原作を読みましょう。

また、放送開始当初は「13話(1クール)でどの話まで放送するんだ?」というのが必ず話題になり、「13話じゃ全然話数たりねーよ」という会話が繰り返されていましたが、第3話放送でかなりアグレッシブにシーンの省略が行なわれたため、今や今後の展開は絵的に美味しい部分の繋ぎ合わせになるのではないかという恐怖に怯えています(苦笑

MEZZO
TV版を見る直前にOVA(MEZZO Forte)を見て、一瞬にして期待作となった作品
格闘シーンで人が吹き飛べば壁に穴が空くし、爆発が起きればそのフロアすべての窓から火が噴き出す、ハリウッドアクション超大作のような演出が目を引きます。
TV版の方もそういう派手なアクションに期待していたので、1話アバン~OPにはかなり痺れたのですが、それ以降がどうもいけません(^^;

こんな会話がなされるほどです(^^;
「今回のMezzoは駄目駄目やね。」
 (略)
「やっぱOVAじゃないとダメかなぁ」
「OVAにしたら年1本でるかどうかw」
「あんなもん13本見せられるよりはいいだろうw」

まだまだ始まったばかりだし、酷い物言いは期待の裏返しなので、これからも注目します。

十兵衛ちゃん2
前作を知らないと若干厳しいかも知れませんが…
ギャグもアクションも程よく散りばめられ、テンポ良く進む展開が気持ちいいです。
変に期待が無い分安心して見ていられるというのもありますが(^^;

2004.01.22

GeForceとか

年末に勢いで液晶を2台導入してウハウハ(死語)のmeiaです。

液晶導入により机上スペースが大幅に広がったのは収穫でしたが、同時に問題点も…
それは、アスペクト比が4:3(640x480,800x600)のゲームをフルスクリーンで表示させると、液晶のアスペクト比である5:4(1280x1024)のサイズに引き延ばされるために、画像が微妙に縦長になることです。
まぁ、ホントに微妙なんで気が付かないことも多いのですが、ゲーム中に真円が楕円に見えたときに耐えきれなくなりました。
そんなとき、GeForceがついにドライバレベルでアスペクト比固定拡大表示をサポートしたという噂を聞きつけ、早速試してみます。

目標とする環境は「いちいち設定を変えることなく」、「CRTとLCDどちらでもアスペクト比を崩すことなくフルスクリーンでゲームできる」です。
これは、気合いを入れてゲームをやるときはCRT使うけど、DVIにも液晶も繋いで気軽にゲームやりたいこともある。という要求があるためです。また、いちいち設定を変えるなんてのは面倒なので却下です。

まず、いちいち設定を変えることなくCRTとLCDにゲームを表示させるためにはクローン表示しか選択肢はありません。これは、昔からある一般的な設定なので全く問題なく実現できます。
次に、クローン表示した映像の「DVI側のみ」で表示のアスペクト比固定拡大が可能であるか?が肝となってきます。

早速実験を開始、手持ちの環境は以下の通り
・ビデオカード:ELSA GRADIAC FX534(128MB,GeForceFX5200,ドライバ53.03)
・LCD Display:EIZO L567-R(DVI側に接続)
・CRT Display:EIZO T960(D-sub側に接続)

[画面のプロパティ]→[詳細]→[GeForceFX5200]→[nView(左の選択肢から)]
(1)→[nViewモード]→クローンに設定
(2)→[(デジタルディスプレイを選択後)デバイス設定]→固定縦横比のスケーリング

以上の設定で、当初の目論見通りLCD側にはアスペクト比固定拡大でゲームを、同時にCRT側にフルスクリーンでゲームを表示できました。
意外にあっけなく、簡単に出来てしまって拍子抜け。
GeForceはドライバの完成度に定評があるけど、この辺は流石だと思います。


そんなわけで、我が家のゲーム用PCにはGeForceFX5200が正式採用となりました。
ポイントは以下

・アスペクト比固定拡大機能
RADEONには出来ません
楕円を見て萎えるのはもう嫌です

・画質
GeForceFXになってからなのかもしれませんが、巷で言われるほど悪くはないです。
#RADEONと比較して若干色味が違うので戸惑うかも知れませんが…
また、DVI接続してしまえばグラフィックカードの画質は関係なくなります。

・3Dゲームは別
3Dゲームは一般的に解像度の設定変更が可能なため、アスペクト比を気にする必要がありません。
また、3Dゲームを快適にプレイするには、旬のカード(描画速度やDirectX関係)を選択する方がベターであるため、アスペクト比固定とは別に考えた方がよいでしょう。

・GeForceの時代が長かったこと
いくつかのゲームでは、GeForceが推奨されることもあり、一部ではRADEONでエフェクトがでなかったり、不安定になるなどの不具合がありました。これは、GeForceの時代が長かったためにプログラマにノウハウが蓄積されているからです。
時代の先端を走るゲームではなく今のゲームをやるのに必要なのは、描画速度ではなく今の開発者が育った環境なのかもしれません

市場ではRADEON全盛といった様相ですが、アスペクト比固定拡大機能のないSVGAサイズのLCDが増えた今、ゲーム利用を考えるとGeForceFXもなかなか捨てたモノではありませんよ?

2004.01.21

2日で日記途絶える

三日坊主にも行き着けなかったダメ管理者です

虫歯は…結局よく分かりません
歯医者に見せたところ、直接痛みの原因となる虫歯はないようで
痛みを感じる右側とは逆の左の奥歯で詰め物が取れたために、右側でしか噛まなくなり、
結果として筋肉疲労や噛み合わせの関係で痛みを感じているのではないかという判断でした。

とりあえず、詰め物の取れた左側の歯を埋めて貰うことにしましたが、神経を抜くので4回ぐらいは通院が必要と言われました。
よくよく考えると、治療を開始してしまうと左の歯が治るまでは左で噛めなくなるので、結局痛みは悪化するでは?と思いましたが、痛みは思考を妨げるモノで、気が付いたら神経抜かれてました(苦笑

その日の夜は、麻酔の影響かすべての歯が口の中で自由移動するという嫌な夢を見て寝不足になりました。_| ̄|○

日が変わり、なぜか痛みが少なくなったため、完全復活とは言わないまでも、日がな一日思考が停滞するような状況はなくなりました。
とはいえ、集中力がかなり落ちてしまっているので、仕事の効率は最低でかなりダメぽいです…
歯は大切にいたしましょう…

2004.01.19

虫歯

来ました…
いままではえらく過去に治療した歯が疼くことがあっても、鎮痛剤と1日の我慢で何とか凌いできたのですが、今回こそは年貢の納め時のようです_| ̄|○


しかし、近所の歯医者の情報が全くないため怖くては医者に行けない罠…
Webで検索すると探せば探すほど歯医者が信用できなくなってくる悪循環…
鎮痛剤切れると仕事にならんので、とにかく歯医者を捜さねば…

そんなわけで日記書くどころではないけど、ネタを忘れないためにメモを書いておく
・GeForceFX5200
・十兵衛ちゃん2
・MEZZO
・マリみて
・わたおに

2004.01.18

はてさて

えー、こんな辺境の地では初めましての方はあまりいないと思いますが、ご挨拶

ごきげんよう

いちおー、Web上ではmeiaというハンドルで通していますが、katopeのほうが通りが良いはずです。w

今回、ココログにページを作成したのは自分のWebページの日記部分の機能移管のためです。
もともと、Webページの公開は自宅サーバでやっており、日記のようなモノも自作のスクリプトで細々と続けておりました。
#去年1年間で日記は12件しか書いていないですが(^^;

自作スクリプトを使用していたのは、当時自分の要求を満たすプログラムがなかったためで、そんな環境で仕様を考えてプログラミングするのはとても楽しい作業でした。

しかし、時代は変わり、このような簡単で高機能である完成度の高いサービスが提供されると、自作スクリプトではまず勝てません(苦笑。
一時はploneを導入してページ全体を管理しようとしたのですが、情報収集から導入、設定、管理まであまりに手間がかかりすぎることから頓挫しました。_| ̄|○
そうなると、自作スクリプトにかけていた時間を日記の更新や別のプログラム作成に割り当てたほうが良いという結論に達したわけです。

そんなわけで、日記部分はこっちになると思いますが、Webページの方は自宅サーバの方で細々とやっていくと思いますので、よろしくおねがいします。

Main | February 2004 »